Entries

インストラクターの同期会!

いろいろミーティングの後、みどりちゃん家でホームパーティしました!

IMG_7221_.jpg

大木君もみほみほも元気ですよ!

おでんの会にも興味を示していたので、みなさんもお会いできると思います(^o^)
お楽しみに~

シーボウル 中村誠

今日は勉強会でした! 5回目/5回シリーズ

本日は5回シリーズの5回目!

今現在、減圧理論について一番簡単に勉強ができて、なおかつ、カバーしている話題も多い「DECO FOR DIVERS」を使って勉強会をしています。

IMG_7101.jpg

今日のテーマは、「混合ガス」と「その他の減圧モデル」でした。

いつも私たちが使用しているのは「普通の空気」で、含有率78%の窒素が問題になるわけですが、その窒素を他のガスに代えれば、窒素の影響を小さくすることが出来ます。

代替の空気は、アルゴン、ネオン、水素、ヘリウムといろいろあるわけですが、ヘリウムが一番多く使用されているようです。ただし、窒素を完全に変換するわけではなくて、酸素、窒素、ヘリウムの混合ガスになります。計算も器材も複雑になるので一般的なレジャースクーバダイビングで使用することはありませんが、100mに行きたいようなダイビングではメジャーなガスです。

その他の減圧モデルの章では、私たちが普段使用しているダイブテーブル(NAUIテーブルやPADIテーブル)以外にも、減圧の考え方があって、いろいろ紹介がありました。有名なのはBSACのテーブルでしょうか。平たく言うとBSACのテーブルは厳しい・・・なんて声も聞いたことがあります。

NAUIのテーブルにも、日本で流通しているダイブテーブル以外に数種類あることが分かりました。知らなかった(゜o゜)。
要するに今も現在進行形で減圧理論に進化があって、新しい試みがなされていることが分かりました。

今現在、PADIはNAUIよりも浮上スピードが倍くらい早いんですが、さて、どっちが正解でしょうか?
いろいろ奥は深そうです。

シーボウル 中村誠



小田原セミナーへ行って参りました!

「第19回潜水医学講座小田原セミナーin品川」へお手伝いに行って参りました。

場所は、東京海洋大学品川キャンパスです。品川にありながらのんびりムードあふれる場所です。
土曜日とはいえ、人が少ないな~と思っていたら、学生さんはもう春休みなんですね。

IMG_7158_r.jpg

写真に写っているのは、高野さんです。いや、いまや高野先生です\(◎o◎)/

-----------------------------------
1.ダイビングを行う上での注意点について 
 江東病院 副院長 三浦邦久
2.減圧症等を含めたドクターヘリの緊急出動とその運用 
 順天堂大学医学部附属静岡病院 救命救急センターフライトナース 鬼塚味佳
3.スノーケリングにおけるヒヤリハット 意識調査から見た事故分析
 筑波大学高度競技マネジメント研究室 東京海洋大学大学院 高野修
4.潜水と頭痛 
 防衛医科大学校 脳神経外科 和田考次郎
-----------------------------------

今回のセミナーでは、ダイビングに向いていない病気についてお話がありました。追加で質問も出来たので、モヤモヤしていたことも自分的にはすっきりしました。

残念ですが、気胸の既往病がある方は、ダイビングはできないと考えた方が良さそうです。
昨年、何件かお問い合わせがありました。せっかくやる気があったのにね。つくづく残念です(>_<)。

シーボウル 中村誠

今日は勉強会でした! 4回目/5回シリーズ

本日は5回シリーズの4回目!

今現在、減圧理論について一番簡単に勉強ができて、なおかつ、カバーしている話題も多い「DECO FOR DIVERS」を使って勉強会をしています。

IMG_7101.jpg

今日のテーマは、「ディープストップ」でした。

身近なところだとMARESのダイブコンピューターにこの機能が付いていますね。
その効果についてはいろいろ賛否があるようですが・・・。賛否というか計算のアプローチが違えば、結果も変わってきますよね。

日常的に60m潜る魚突きやこれまた日常的に100m潜る漁師さんの話が出てきて、面白かった?です。
体験的に会得した浮上方法と「気泡モデル」で計算した浮上方法が似通っていたそうです。恐るべしは漁師さん!

勉強は続く・・・

シーボウル 中村誠



シーボウル 中村誠

今日は勉強会でした! 3回目/5回シリーズ

本日は5回シリーズの3回目!

今現在、減圧理論について一番簡単に勉強ができて、なおかつ、カバーしている話題も多い「DECO FOR DIVERS」を使って勉強会をしています。

IMG_7101.jpg

今日のテーマは、「飽和潜水」と「ナイトロックス」でした。

飽和潜水はレジャーダイビングではあんまりなじみがない話題ですよね。水中工事をするダイバーなど作業潜水よりの話でした。
それでも、かつては、海底居住なんていう、どえらい発想と実験もいくつかあって、話が盛り上がりました。

ナイトロックスは、レジャーダイビングでも身近な話題ですよね。
国外に目を向けると、普及が進んでいる地域もあるそうで、日本は遅れているんじゃないかな~なんて意見もありました。

難しい表現もあって、頭がパンクしそうです(^_^;)。
がんばります!

シーボウル 中村誠

Appendix

プロフィール

SeaBowl シーボウル

Author:SeaBowl シーボウル
東京都目黒区のダイビングショップSeaBowl(シーボウル)です!
東京では珍しく伊豆ダイビング専門のお店です。車をお持ちでない方に超便利です!伊豆へLet'sGo!
運営はこれまた東京では珍しく夫婦2人でアットホームにゆっくりやっています。遊びに来てね!

検索フォーム

QRコード

QR